読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

心理学マップ

未知のことを既知に!苦手なあの人も、自分の欠点もわかれば安心!

いじめる人の心理的特徴

時代や文化を問わず、学校や職場、あらゆる場所で見受けられる事象が「いじめ」で

す。実際、学校でいじめを受けている人にとって、現在進行形で死活問題であり、その

こと自体が大きなトラウマとなり、その後の人生に大きな問題を抱えてしまうこともあ

るかもしれません。では、そうしたいじめをする人にはどのような特徴があるのでしょ

うか?以下特徴を上げていきます。

 

  1.強い劣等感

 学校や職場の中では、常に競争があります。それは学業や仕事といった物から、コミュ

ニティ内での人気、異性との交際など様々です。その中で、自分自身で生き方に満足感

を得られれば良いのですが、他者との関係の中でしか自分の価値を把握できない場合は

大きなストレスを抱えることになります。必然的に自身よりも優秀な人はいるわけです

し、いつ自分の立ち位置が脅かされるかもわからないわけです。自信が持てずに、自分

で自分を肯定できない場合、自己肯定感を得るために、''他者を承認する’’ことで、自身

も承認してもらい自尊心を保つか、''他者を見下す’’ことで、相対的に自分の心のバラン

スを保つようになります。中でも自分より弱い立場の人に自分の欠点を見出して叩く

ようになることを’’投影’’と言います。田舎から上京した劣等感の強い人が、自身の地元

の人間をバカにしたり、結婚生活に不満のある人が独身者を蔑んだり、学歴にコンプレ

ックスのある人が自分より下の学歴の人間をこけおろしたり、職場で不満が多い方が他

の年収の低い職業についている人を見下したりする事がこれにあたります。標的にされ

た人は自分の評価を下げられて、同じようにコンプレックスや強いストレスを抱えてる

人たちのサンドバッグにされてしまうかもしれません。モラハラ気質のこの手のタイプ

は気の弱そうな、攻撃してもやり返してこない良い人を選び、明るくて人望のあるよう

な、手を出すとやり返されそうな強い人には手を出しません。

 

2.他人に対する嫉妬

自分も本当はしたいけど中々出来ない、または優れた能力に対する嫉妬です。例えば、

ぶりっ子をする友達が異性にもてはやされて羨ましい場合など...、しかしこれ自体は別

に嫉妬している当人には何も害はないはずです。それにもかかわらず、そのようにして

異性の気を引いてる人間がどうしても疎ましく感じ、いじめに発展する場合がありま

す。まさに出る杭は打たれるです。

 

3.強い自己愛と選民意識

中には自分は特別だという仮想的有能感を持ち合わせている場合があります。対等な関

係であるはずなのに、「お前、誰に向かってものいってんの?」というように、人との

間に優劣を常につけて、自分は特別な人間だと思い込みます。そして、自身より弱いと

感じた人たちを罵倒します。また、自己愛が強い人はyesマンである自分を賞賛してく

れる取り巻きを持ち、集団内でスケープゴートを作り自分に従わない者を激しく攻撃し

たりもします。外面は非常によく第一印象も魅力的にうつるため非常に厄介です。周囲

からは良い人という評判を得ていることも多いです。ターゲットにされやすいのは、自

分に自信がなく、意見を言えない、大人しくて、コントロールしやすいタイプの人。天

敵は立派な肩書きを持つ人望のある人や、自分に自信があり自分の思い通りにコントロ

ールできず、自身の劣等感をえぐられそうな人です。

 

ことらも合わせてどうぞ⇩

  

 

20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義

20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義